支払い督促制度について基礎知識※取立解消方法

  •  
  •  
  •  

支払い督促制度について基礎知識※取立解消方法

支払い督促制度について基礎知識※取立解消方法

多重債務などの借金問題を抱えている人の多くは、借金を返すために新たな借り入れをしてしまうので、借金は減っていかないどころか利息などで大きく膨らんでしまうというのが一つの特徴です。
そして、誰にも相談をすることができないという方も多いので、そうなると一人で悩んで最後はどうにもならなくなってしまうことがあるのです。
そこで、借金の踏み倒しという最悪の手段に走ってしまう方も中にはいらっしゃいます。
とはいっても、債権者の取立てや督促の手が緩まることはありませんから、踏み倒しをしようとすれば自分自身も身を隠さなければなりません。
つまり、踏み倒しと夜逃げはある意味セットなのです。
しかし、夜逃げをするとなると今ある仕事をどうするか?夜逃げ後の仕事はどうするのか?などの問題も出てきますし、債権者も住所などは定期的に調べますので住民票を移動させることも難しくなります。
このような状態で生活をするのはとても困難ですし、借金の時効は5年から10年と長く、時効の期間が中断されてしまうとまた時効はふりだしに戻りますのでいつまでたっても借金は時効にならない、というケースがほとんどです。
つまり、貸金業者や銀行などからお金を借りている場合、踏み倒しは現実的にはとても難しいものなのです。
では、借金に悩んでいる人はどうすればいいかというと、これはもう法律事務所などに相談するのが最も有効な解決策になります。
債務整理などを行えば、少なくとも今の状況よりは楽になりますから、生活の再建もしやすくなります。
ですから、まずは一刻も早く法律相談を受けるようにしてください。

自分に合った解決方法を知る

シミュレーター診断で返済方法を確認することが大事!


⇒無料シミュレーターはこちらから
専門家への相談で早期解決

一人で悩まずに専門家への相談をお勧めします。


⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ
 

メニュー

 

多重債務などの借金問題を抱えている人の多くは、借金を返すために新たな借り入れをしてしまうので、借金は減っていかないどころか利息などで大きく膨らんでしまうというのが一つの特徴です。 そして、誰にも相談をすることができないという方も多いので、そうなると一人で悩んで

 
FXの仕組みを知ろう